スコアアップへのメンタル 他人との比較

「スコアアップへのメンタル」シリーズ7回目です。

今回は「他人との比較」について書きます。

 

おさらい

第一回 スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

第二回 スコアアップへのメンタル 心地よさとは

第三回 スコアアップへのメンタル ブロック解除

第四回 スコアアップへのメンタル まずは思考から

第五回 スコアアップへのメンタル 執着について

第六回 スコアアップへのメンタル 承認欲求

 

*気になった項目の記事だけでも読んで頂けるとうれしいです。

 

過去の回でも「他人との比較」について少し書いていますが、

今回はもう少し深く書いてみます。

 

他人との比較について、TOEICスコアでライバルを見つけて

切磋琢磨していくということは素晴らしいことですよね。

ライバルの存在は励みになります。

   

今回取り上げるのは(上に書いたのとは違って)「他人との比較」で

自分はダメ、と思ってしまう時のことについて。

 

私もスコアで伸び悩んでいた時は他の人のスコアを見て、

落ち込んでしまうことがよくありました。

 

そんな時は目線が外を向いてしまっている時なのですよね・・。

自分を見失ってしまっています。

 

他人のスコアを見て、よい気分になれていないのは、第二回の記事 

にも書いていますが、本来の自分から離れてしまっているので、

願いが叶いにくい状態になっています。

 

外に向いてしまっている目線を自分に向けてみる。

 

どうしたら少しでも心地よくいられるか考えてみる。 

 

他人とスコアを比べて、落ち込んでしまうことは何もいいこと

はないのですよね・・。

 

スコアアップしている人たちが周りに沢山いるということは

次は自分の番かもしれないと思ってみる。

  

いつもどんな時も自分に寄り添ってあげて、励まして、

自分に集中して、心地よく過ごしていきたいです。

 

つづきます。

 

 

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル 承認欲求

「スコアアップへのメンタル」シリーズ6回目です。

今日は「承認欲求」について書きます。

 

おさらい

第一回 スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

第二回 スコアアップへのメンタル 心地よさとは

第三回 スコアアップへのメンタル ブロック解除

第四回 スコアアップへのメンタル まずは思考から

第五回 スコアアップへのメンタル 執着について

 

色々書いてきましたが、第一回から読んで頂かなくても

気になった項目だけでも読んで頂けるとうれしいです。^^

 

それぞれ関連した内容を書いていますが、一つの記事を

読んで頂いても分かるように書いているつもりです。

 

今日は「承認欲求」について。承認欲求とは

誰かに認められたいという気持ちです。

 

これも決して悪いものではなくて自分でその気持ちを

受け止めてあげれば大丈夫なのだけど。

 

ただ目標や夢が「承認欲求」が元になっていると

いつかつらくなってしまうと思います。

 

もっと認められたい。もっともっと。となってしまって

終わりがなくなってしまうからです。

 

TOEICスコアで目標スコアがあったとして、

どうしてそのスコアが取りたいのか?そのスコアが

取れた時自分で「よくやったね」とほめてあげられるか

どうか・・。

 

自分で自分を認めてあげられるようになると

満足感が違うと思います。

 

偉そうに書いていますが、私には承認欲求がまだまだ

残っていると思います。

 

他人から評価されなくても大丈夫。

気にしない。

そう思うのは(私にとって)なかなか難しいです。

  

以前よりは自分で自分を認められるようになりましたが

まだまだ「もっとがんばらないとダメ」と思ってしまう

時があります。

 

私にとっては「自分で自分を認めてあげる」というのは

永遠のテーマかもしれません。

 

それが完璧に出来なくてもいいのだけど。

 

がんばってるね。

スコア上がってきてえらいね。

 

少しでも心地よく。

気持ちが楽になるように。

  

つづきます。

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル 執着について

「スコアアップへのメンタル」シリーズ5回目です。

今日は「執着について」書きます。

 

おさらい

第一回 スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

第二回 スコアアップへのメンタル 心地よさとは

第三回 スコアアップへのメンタル ブロック解除

第四回 スコアアップへのメンタル まずは思考から

  

  

願いの執着について。

「この願い絶対叶わなきゃ嫌だ」みたいな執着は

ないものにフォーカスしてしまうので、その状態

(願いが叶わない状態)が続いてしまうと言われて

います。

 

願いは決めたら、もうその願いを放って、そのことは

忘れた方がいい、忘れた頃願いが叶うと言われています。

 

一方、どうしても叶えたい願いならある程度なら

執着していても大丈夫という人もいます。

 

私の考えを書くと(何か偉そうですみません)

願いはつらくならない程度なら執着していても

大丈夫だと思っています。

 

どうしても叶えたい願いならいつも頭の片隅に

あっても大丈夫だと思います。

 

ここでも心地よいかどうかですよね・・。

 

つらくなってきてしまったら大丈夫だよ、願いは

叶うよ、と自分に寄り添ってあげる感じでいます。

 

 

つづきます。

  

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル まずは思考から

「スコアアップへのメンタル」シリーズ4回目です。

今日は「まずは思考から」について。

 

おさらい

第一回 スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

第二回 スコアアップへのメンタル 心地よさとは

第三回 スコアアップへのメンタル ブロック解除

 

 

前回の記事を読んで自分を甘やかすとさぼってしまうのでは

ないかと心配になる方がいるかもしれません。

 

まずは思考からです。思考が落ち着いてくれば行動に

繋がります。自分を自分で認められるようになると

「何かやってみようかな」となるそうです。

 

叶えたいと思っている夢と関係ないことでも

ひらめいたらやってみるといいそうです。結果的に

夢に繋がってくることがあるそうです。

 

なのでまずは思考から。

  

990点取れるかもしれない。

リスニングで495点また取れるかもしれない。

 

取れるかもしれないではなくて「取れる」でも

いいですけど、そこは自分で心地よい表現を使って

下さい。

 

目標スコアが取れてからの自分を想像することも

大事です。

 

目標スコアが取れた時の気分を味わう。

 

味わえたら願いが叶うと言われています。

味わうこともとても大事です。

 

頭の中で考えることは、誰に見られることもない

ですし、迷惑を掛けることもないので、好きなように

考えて、願っていいのです。

 

つづきます。

 

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル ブロック解除

「スコアアップへのメンタル」シリーズ3回目です。

今日は「ブロック解除」について。

 

おさらい

第一回 スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

第二回 スコアアップへのメンタル 心地よさとは

 

人と比べてしまって自分はダメと思ってしまったり、

自分には無理と思っていることなどの思考が、夢を叶える

ことの邪魔をしていることがあります。

 

このネガティブな思考、感情を取り除くことを「ブロック解除」

といいます。

 

前回も書きましたが、ネガティブな思考は決して悪いもの

ではないので、なくそうとする必要はなくて、認めて

あげて、受け入れて、また願いの再設定をしていけば

いいのです。

 

私の場合はそれがなかなか難しいのですが・・。

出来なくてもいいよ、と自分に言ってあげるだけでも

大分違うそうです。

 

「ブロック解除」出来なくてもいいよ、です。

 

自分に寄り添って、自分の気持ちに気づいてあげること

が大事です。

 

私の場合だと「リスニングは苦手」とか「スコアが

なかなか上がらないのでこの先も無理かも」辺りが

強くブロックになっている気がします。(どうかな)

 

そう思ってしまっている自分もいいよ。

 

リスニングは一回495点取れてるから、大丈夫だよ。

 

スコアが900点を超えることも増えてきているし、

毎日勉強をつづけてるから大丈夫だよ。

 

自分を認めてあげて、寄り添ってあげて、自分の気持ち

を大事にしていきます。

 

 

このシリーズ続きます。

 

ツイートにいいね、して頂けると、このシリーズの記事を

書く励みになりますので、よろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル 心地よさとは

スコアアップへのメンタルシリーズ2回目です。

 

今回は「心地よさ」について。

 

前回の記事では目標を決めて、その目標に向かって

いく過程はその人にしか分からない。その過程は

その人の「心地よさ」がキーワードになるということ

を書きました。

 

なぜその人の「心地よさ」が判断の基準になるかと

いうと、「心地よさ」とはその人の本音の部分だから

です。

 

その人の本音の部分とは、その人の本来の姿なので

何でも(←ここ重要!)願いが叶う状態になっている

ことになるからです。

 

なぜそうなのか、というのは興味がある方は「引き寄せ」

のことを調べて頂くとより分かると思います。

 

その人本来の状態でいれば、本当は何でも願いが叶うそう

です。

 

でも「他人と比べて自分はダメ」とか「自分には無理」

とかネガティブな感情やブロックが掛かると叶いにくく

なってしまうのです。その人本来の姿ではなくなって

しまうからです。

 

このネガティブな感情やブロックは悪いものではないので、

いけないものと思う必要はなくて、「受け入れ」たり

「願いの再確認」をして、少しでも「心地よい」状態を

保てればいいのです。

 

最近の私は情報をなるべく少なく取り入れるようにして

います。一番の理由は沢山情報を入れてしまうと他人と

比べて、自分はダメだなとか、ネガティブな感情に

なってしまうからです。

 

自分に集中して、自分の感覚を大事にしたいという

のもあります。

   

その人に必要な情報は自然と入ってくるということ

なので、目標さえしっかり決めていれば、情報を沢山

取り入れなくても大丈夫なのです。

 

なるべく「心地よい」状態を少しでも保っていく、

というのが普段私が心がけていることになっています。

 

つづきます。

 

| | コメント (0)

スコアアップへのメンタル 引き寄せ編

今日は「スコアアップへのメンタル 引き寄せ編」

について書きます。

もしかしたらシリーズ化するかもしれません。どうかな。

 

なるべく「引き寄せ」をご存知ない方にも分かるように

書きます。

 

まず初めに目標を決めます。とっても大事です。

無理だとか一切要りません。

 

私の場合だと

TOEIC公開テストで950点以上取りたい

 

ここで夢が確定されました。

 

そこまでの過程については一切考える必要は

ありません。

 

基本としては「心地よく」がキーワードに

なってくると思います。

 

例えばですが、

勉強する時間が取れそうもない

暗記力がない

お金がない

 

こういった夢に向かってマイナスになる

ようなことは考える必要はありません。

 

次に夢へのルートは本人にしか分からないということ。

 

同じように950点以上取っている人と同じように

しなければ、そのスコアが取れないということはありません。

 

私が950点以上取る方法は私しか分からないという

ことになります。

 

まず950点以上取る、としっかり決めて他の人を参考に

する場合、自分がそれを取り入れて「心地よく」

感じるものを取り入れて、やっていくといいということです。

 

テキスト選びにしても、学習する時間にしても、

「心地よい」かどうかを基準にして決めていきます。

 

学習している時はただただ楽しく、心地よく、

不安を感じないで、無心になっていられたら理想ですね・・。

 

 

私がこのように出来ているわけではありませんが、

方向性はこんな感じを目指しています。

  

この通り出来なくても自分を責める必要はなくて

少しでも「心地よく」いられればそれで十分です。

 

つづく・・かな。

 

ツイートにいいね、頂けると反応が分かるので

いいねして頂けるとうれしいです。

 

お読み頂きましてありがとうございました。

 

| | コメント (0)