« 英検準一級 二次対策 | トップページ | 英検準一級 二次対策その3 »

英検準一級 二次対策その2

英検の二次試験で1点差で不合格とならないために

また、ボーダーラインではなく1点でも良い点をとりたいと

いう方のために、アティテュードで3点取りたいですね。

少なくとも2点は取りたいところです。(ちなみに私は2点でした。

 

そこで、今日は自由会話について書きます。

私の場合、自由会話では3つのことを聞かれました。

・何をしていますか?(仕事について)

・何をするのが好きですか?

・趣味は何ですか?

2番目の質問では

'I like studying English.'と答え、試験官は'Good.'と言って

くださいました。

3番目の質問では

趣味って何だろう?と考えても

2番目と同じような質問なので、英語の勉強のことしか

思いつきませんでした。そこで、

'I like studying English.・・・'と答えて、これでは

先程と答えが同じになってしまって、よくないと思い

'I like reading paperbacks.'と答えました。

ここで何の本を読んでいるとか、その本の内容とか

話せたらきっと3点もらえたでしょう。

でも私は緊張してそこまで答えられませんでした。(汗)

 

それともう一つ。

私は普段英語を話す機会がないため、二次試験で

英語を話せることをとても楽しみにしていました。

そのことを伝える機会があったらいいな。と思っていました。

自由会話は試験の前だけではありません。

Q&Aが終わってからもチャンスはあります。

私の場合は

試験官の方から’今日はこれで終わりです。’とか

’よい一日を’など話しかけられました。

私はそれに対しては'Thank you.'とだけ答えましたけど、

最後に退席するときに

'Thank you for this opportunity.'とだけ付け加え

ました。

 

本当は’普段英語を話す機会がないので、英語が

話せてとてもうれしかった。’と言えればよかったの

ですが、そこまでは言えませんでした。

そこまで言えたら3点もらえたかもしれません。

何だか点をもらうためにいいことを言ったほうがいい

という風に聞こえるかもしれませんが、

そうではなくて、せっかくの機会ですので

英語で会話を楽しめて、それでよい点がもらえたら

とてもいいと思うのです。(偉そうなこと言ってスミマセン。)

これから二次試験を受けられる方の参考になったら

とてもうれしいです。

|

« 英検準一級 二次対策 | トップページ | 英検準一級 二次対策その3 »

英検対策」カテゴリの記事